ファクタリングはどのような人におすすめ?

ファクタリングは会社が倒産の危機になったときの最後の手段と言われています。
基本的には、利用をしたほうがいいものです。

最先端のおすすめのファクタリングってとにかくお勧めなんです。

その大きな理由は、手数料が消費者金融よりもはるかに高くなりやすいということです。

日本では2社間ファクタリングが主流ですが、その手数料は5%から30%程度です。仮に、1カ月先に回収できる予定の売掛金を30%で買取してもらったとします。

すると、1カ月30%の利息でお金を借りたのと同じコストがかかるので、年利に換算すると360%です。

闇金ほどではないものの、かなりの暴利になります。消費者金融の金利は基本的に18%なので、10倍以上です。ファクタリングがおすすめなのは、一時的にお金を調達したい人です。
継続的に利用をすると非常に危険ですが、一時的な利用であればそれほどでもありません。経営状況を改善する具体的な案があるので、2カ月後には経営状況を改善できる。



しかし、2カ月間の従業員の給料や設備費用を払えない、銀行や消費者金融からも融資を受けられない。



そんなときにはファクタリングがおすすめです。

銀行融資には審査などで時間がかかることがネックですが、ファクタリングは最短即日で利用できるのもおすすめポイントです。

個人の場合なら、2カ月後にボーナスが入るが、2カ月間の生活が苦しいというときなどに利用するなら、それほどのリスクはないでしょう。


お金が入る予定もないのに利用することはおすすめできません。