ファクタリングがおすすめな人、そうじゃない人

ファクタリングは短期的な資金調達手段としては有効ですが、一回ごとの手数料も高く、誰にでもおすすめできるというわけではありません。
それぞれの状況に合った適切な資金調達手段を選び、リスクを抑えて持続的な経営をしていきましょう。

ファクタリングを利用したことをきっかけとして、結果キャッシュフローが悪化してしまうこともあります。

おすすめのファクタリングの有益な情報をお届けします。

ファクタリングがおすすめな人は、信用情報が悪化していて金融機関からお金を借りることができない人、帳簿の負債を増やしたくない人、なるべく早く現金を手にしたい人、売掛先が複数あって入金までの期間が長い人、今すぐ設備投資や新規事業を開拓する資金が欲しい人です。



目の前にチャンスがあって多少コストはかかってもリターンが見込めるのであれば、ファクタリングは有効な資金調達手段になりえます。
ただお金がなくて何が何でもすぐにお金が欲しいだけであれば、少し冷静になって見直したほうが良いでしょう。
手元に入ってくるまでの時間は短くなりますが、手数料が引かれることになるので結果として入ってくる額は小さくなります。本来入ってくる日のお金はなくなるので、そのときにまたお金が無くなってしまっていると、再びファクタリングを行わなくてはならなくなります。



その繰り返しで何度も買取をしてもらわなくてはならないような人にはおすすめできません。売掛金があるうちはこれでも回りますが、請求のタイミングで売掛金がなくなっているとそこで資金繰り対策ができなくなります。