Wifiルーターの規格と選び方のポイント

Wifiルーターはメーカーや製品によって、採用しているIEEEの規格が異なり、企画ごとに通信速度や特徴も異なっています。

IEEEは無線通信の規格で通信の種類によって、規格の最後にaやgなどのアルファベットが記載されます。アルファベットのaとgは通信に使用している周波数を省略したもので、aは2.4Ghz、gは5Ghzをアルファベットで表記しています。2.4Ghzと5Ghzの最も大きな違いは、電波の強度や電波が届く距離などです。2.4Ghzはコンクリートなどの遮蔽物に強いというメリットがありますが、電子レンジなどの別の強力な電波を発する機器に弱いというデメリットがあります。

逆に5Ghzの周波数は、電子レンジなどの家電とは干渉しにくいですが、コンクリートなどを間に挟んだ通信には向きません。5Ghz帯は他の家電などの機器で使われていることは稀で、間に電子レンジなどが設置してあっても、電波同士が干渉しにくいというメリットがあります。Wifiルーターを選ぶ際のポイントとしては、使用する環境に対して通信規格が適しているかが重要です。

無線の接続をWifiルーターが設置してある場所とは、別の部屋で使用する場合には、障害物に強い2.4Ghz帯の方が最適です。しかし間に電子レンジなどがあり、電波が干渉する可能性がある場合には、5Ghzを選ぶなどの工夫も必要になります。IEEE規格gはaと比べて、間に壁がある場合に電波の強度が下がりますが、電波の干渉によって電波が遮断されるよりも、パフォーマンスは高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *