光回線よりも無線Wifiのほうがおすすめのケース

一般家庭でインターネットに接続する場合は、光回線を設置するケースが多いです。

光回線は通信速度が大きくて固定電話の基本料金を安くすることができるというメリットがありますが、最初に2万円もの工事費用を負担しなければならないというデメリットがあります。

最近は光回線ではなくて、設置型の無線Wifiサービスを利用して家庭内でインターネットに接続することも可能です。こちらは光回線のように工事が不要で、ルーターをコンセントに接続するだけですぐにインターネットに接続することができます。

インターネットに接続する方法として光回線または無線Wifiを選ぶことができますが、両者のメリットとデメリットをよく考えて選ぶことが大切です。

固定電話を使用していない家庭や借家で工事ができないような場合は、光回線よりも無線Wifiの方がおすすめです。光回線は月額基本料金が高額で、光電話サービスを使用しなければ毎月4~5千円も出費が増えてしまいます。

工事費用に2万円前後の費用がかかるので、短期間だけ使用する場合も不向きです。このような場合は、無線Wifiサービスの方がおすすめです。モバイル機器をインターネットに接続する場合も、無線Wifiサービスの方がおすすめです。

ちなみに無線LANルーターにはLANケーブル用のコネクタが付いているので、デスクトップPCやテレビをインターネットに接続することも可能です。

これに対して光回線の基本サービスで利用できるのはLANケーブル用のルーターだけで、無線LANを使用するためにはオプションサービスで機器をレンタルするか自前で購入しなければならないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です