モバイルWifiを比較するときのポイント

たくさんあるモバイルWifiを比較するときのポイントとして、通信エリアが広いことがあります。

高速通信には人口カバー率99%以上を誇る各キャリアの4GLTEや、ネットワーク回線を使っているところがおすすめで、中でもプラチナバンドと言われる繋がりやすい周波数帯が使えると通信エリアでは有利です。

空港や駅などスマホやモバイルWifiを使う人が多いところだと、基地局へアクセスが集中して通信障害が起きやすいです。これはパケ詰まりですが、これもパケット通信をする会社でも起きる可能性はあります。

スマホのパケット通信と同じ回線と使っている大手キャリアだとアクセスが基地局に集中し途切れることも多いですが、二つの回線を両方使っていたり、併用しているキャリアだと途切れにくいと言われてます。

大手キャリアの4GLTE回線を使うモバイルWifiルーターだと、基本的に1.5GHzから2.1GHzの低周波数体ですが、数年で契約が増えている他の回線だと2.5GHzの高周波数帯です。

大手キャリアが使う低周波数帯の電波速度がずば抜けて速いわけではなく、自宅内などで障害物があっても電波が届きやすいです。

それと比較して高周波数帯を利用するキャリアは、高速通信が可能ですが電波が障害物に弱いです。もちろん自宅など屋内で利用出来ないわけではないですが、それぞれの回線の特徴を理解しモバイルWifiを比較して検討する必要があり、どこでよく使うかも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です